« 2013年1月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年2月

グランドマスト北鎌倉

Img_4177_3【施設分類】
サービス付高齢者向け住宅
【住所 アクセス】
住所:鎌倉市台5-12-10
TEL: 0120-815-823 FAX: 03-5352-5899
HP:http://www.grandmast-kitakamakura.jp/index.htm/

【アクセス】JR横須賀線北鎌倉駅 徒歩約12分、JR東海道線大船駅 徒歩19分
来客者用駐車場あり
総戸数:37室

Img_4165_3【利用資格】
・年齢:60歳以上
・自立、または要支援1・2、要介護1・2の認定を受けている人で、原則入居時に自立した生活を営むことができる人
・賃料等の支払い能力がある人
・連帯保証人・身元引受人を親族から各1人ずつたてられる人(たてられない場合の措置もあり)

 平均年齢82歳。8割の人が自立で介護認定を受けている人は2割。男女比1:9。夫婦入居も可。現在、入居者は県内から移ってきた人が多い。

Img_4155_3【建物・居室】
 「積水ハウス」とその子会社「積和不動産」が展開する高齢者向け賃貸住宅「グランドマスト」シリーズの一つで、平成19年にスタート。大船-北鎌倉をつなぐ県道302号小袋谷交差点の近くに位置し、周辺には、コンビニエンスストア、スーパー、医療機関など、各種生活に便利な施設が充実している。
 建物の玄関を入ると、フロントとちょっとした談話コーナーがある。奥には明るく開放感溢れる庭付きの食堂と娯楽室(和室)があり、入居者のふれあいの場ともなっている。娯楽室には簡易調理器・バス・トイレがついており、家族が宿泊も出来る。
 居室は1階4室、2~4階には各11室ずつある。各居室には、キッチン(IHシステムキッチン)、トイレ、洗面所、浴室、収納設備、ベランダがあり、居室とは別に各階ごとにトランクルームがある。また、セキュリティ機器として、緊急通報ボタン(LDK、各居室、トイレ、洗面所、浴室)、室内の人の動きを感知し、異常の場合は自動通報する人感センサー(1ヶ所)、カラーモニター付きインターホンが設置されており、緊急時にはフロントと管理人住戸、警備会社へ繋がるようになっている。
 居室のコンセントの位置を高く、電気などのスイッチは低めに。玄関には備え付けの折りたたみ椅子と手すりを。エレベーターのボタンは大きめに。食堂のテーブルと椅子は高齢者が使いやすい高さに調整し、椅子は座り心地が良く、かつ背もたれが握りやすいようになど様々な部分で高齢者への細かな配慮がなされている。

Img_4173_4【サービスの内容】
 館内1階に、専任管理人が住み込み、日中フロントスタッフとともに、暮らしのサポートをしている。
 生活を支援するサービスのメニューとして、来訪者の対応、タクシーの手配、周辺地域情報の紹介などのフロントサービス。日常生活の困り事の相談から医療機関、介護事業所、介護施設等の紹介やライフサイクルの相談といった生活相談サービス。緊急時呼出しの駆け付け対応などのセキュリティサービス。イベントの企画や地域交流の案内といったカルチャー・イベントサービスの4つがある。また、選択サービスとして、食事サービスがあり、朝と夕の2食を提供している。
 洗濯については、洗濯機が各居室に設置できる。クリーニング業者をフロントで紹介してもらうこともできる。
 入居者が介護を必要となった場合、各居室にて外部の介護事業所から在宅介護サービスを受けることが出来るが、常時の介護が必要になった場合には、本人や家族とも相談をしながら業務提携先の訪問介護事業所や積水ハウスグループの運営する有料老人ホーム「Sアミーユ」の紹介もしている(HP http://www.s-amille.jp/)。
 また、グランドマスト北鎌倉を案内している仲介業者の神奈川ロイヤルでも、希望に沿った有料老人ホームを探してもらうことができる。
 日常的に入居者と地域の人が、食堂や娯楽室でマージャンや囲碁などを楽しんだり、地域で行っている体操教室を食堂を開放して招き、入居者も一緒に参加するなど、地域との交流も大切にしている。
 週に2回ほどグランドマスト北鎌倉から大船駅までの送迎車がある。

Img_4160_3【費用の目安】
普通賃貸借契約である。
入居にかかる費用:敷金(家賃3ヶ月分)+仲介手数料(家賃1.05ヶ月分)+家財保険料(※)
 およそ41.09万円~74.28万円
毎月かかる費用:家賃(98,000円~176,000円)+管理費(15,000円~25,000円)+生活支援サービス費(31,500円/人、2人入居の場合は52,500円)+選択サービス費(食費サービス:朝食500円、夕食800円)
およそ14.45万円~23.25万円(選択制である食事サービス費は除いて計算している。)

その他、水道光熱費、電話代などは別途実費負担。
(※)グランドマスト北鎌倉の場合は必須です。

Img_4150_4【運営母体】
設計・施工:積水ハウス 
貸主・事業主:積和不動産(積水ハウスの完全子会社)
仲介業者:神奈川ロイヤル(一般賃貸や、有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅などの紹介事業をおこなっている)
生活支援・食事提供:㈱馬渕商事(保養所、学校給食、高齢者施設、病院給食などの管理運営、レストラン事業などを行っている)

【施設概要】
・延床面積:2,388.77㎡
・建物:鉄筋コンクリート造/地上4階建
・開設:H23年11月5日
・スタッフ配置:管理人2名、フロント:3人(シフト制で1人/日)
・協力病院:さとうクリニック

|

サービス付き高齢者向け住宅

 Img_0641高齢期をどのように暮らしていくかということは、自分が「どこに住むのか」を考えるということでもあります。食事の支度や掃除、洗濯など身の回りの家事、買い物、通院などを考え、自分の家に住み続ける、または住み替えるなど、高齢期の住まいにはどのような選択肢があるのかを知っておくことが大切です。

 鎌倉介護ガイドでは、高齢者の住まいとして、介護老人福祉施設や有料老人ホームなど入居型の施設を多々取り上げてきましたが、今回は自立した高齢者の住宅として、「サービス付き高齢者向け住宅」について紹介します。

 これまで、国の住宅政策として自立した高齢者向けには「高齢者円滑入居賃貸住宅(高円賃)」「高齢者専用賃貸住宅(高専賃)」「高齢者向け優良賃貸住宅(高優賃)」の3つの類型を勧めてきました(国土交通省が所管)。しかし、複雑でわかりにくいとのことで、2011年に「高齢者住まい法」の改正により、これらを一本化する形で、「サービス付き高齢者向け住宅」が創設されました(国土交通省・厚生労働省が協力して所管)。

 
 
Img_4148ービス付き高齢者向け住宅とは、どんな住宅のことをいうのでしょうか?
一言で言ってしまえば、高齢者の暮らしを支援するサービスの付いたバリアフリー住宅です。ハード面、サービス面、契約内容などに関して一定の基準を満たし、都道府県(政令市・中核市の場合は市)に「サービス付き高齢者向け住宅」として登録し、指導・監督をうけているという意味で、「安心」の材料のある住宅ともいえます。

 具体的には、マンションやアパートのような賃貸の集合住宅内の個室等で、原則として、床面積が25㎡以上ある他、各部屋には台所、トイレや浴室、収納設備などが備わっている。手すりが設置され、床に段差がないなど、体が不自由でも安全な構造となっています。また、共用の食堂があることも特徴です。

Img_4161 必ず提供されるのは、安否確認と生活相談のサービスです。介護福祉士やホームヘルパーなどの専門スタッフが、少なくとも日中は建物内に常駐して、日常生活での困り事の相談にのったり、居室を訪ねて安否を確認したりします。夜間に関しても各戸に設けられた通報装置や常駐スタッフ(いない場合もあり)による緊急時対応がされます。
 費用は通常、入居の際の敷金や、毎月の家賃、管理費などのサービス費のみで、権利金などはありません。また、長期入院や体調悪化を理由とした事業者からの一方的な契約解除を認めないなど、入居者保護も強化されています。

 一方、名称には「サービス付き」とありますが、必須なのは生活相談と安否確認だけで食事の提供や洗濯、掃除等の生活支援やヘルパー派遣など介護保険を使った介護サービスの提供や内容は事業者に任されています。そのため、住居を選ぶ際には、どのようなサービスが提供されるのか内容への注意が必要です。今は元気でも、将来身体が弱ってきた際に、暮らし続けられるのか。そのための医療・介護サービスなどはどのように提供・連携されているのかを確認することも必要でしょう。

 サービス付き高齢者向け住宅の運営は、民間事業者、社会福祉法人、医療法人など様々で、デイサービスセンターや訪問看護ステーション、グループホームなどの事業所を同じ建物内に併設しているケースも多い一方、近隣病院との連携を強調している住宅、多世代交流型の住宅、入居者だけでなく地域の人の利用も歓迎するコミュニティ型の住宅など特色もまた様々です。

 
 サービス付き高齢者向け住宅を探す場合は、インターネットの「サービス付き高齢者向け住宅情報提供システム」(http://www.satsuki-jutaku.jp/)で場所や家賃、サービス内容などを調べることができます。登録された住宅の情報が順次公開されており、制度の内容の説明などもあり参考になります。いくつかの住宅を実際に見学して、事業者の説明をじっくり聞いてみることも大切です。入居者の方や近隣の方のお話も聞けると、さらに参考になることでしょう。

|

« 2013年1月 | トップページ | 2013年6月 »